Log in to access services
Forgotten your password?

空中噴霧除菌とは何ですか?


これは、密閉された容積のある部屋・設備等にすべての表面に付着する霧を作るり、噴霧することによって除菌します。

この方法は、最終的な除菌と呼ばれます。作業は、敏感なエリアの清掃後に行われ、手の届かない場所(高い所にある面、隠れていたり、普段は閉じているエリア)も除菌します。

この方法は、部屋に人がいない状態の時のみに使用され(そのため使用者に危険はありません)、その人がいない間の数時間で処理するこることが可能です。(例えば夜間ならば、時間の無駄がありません)

スピニングディスク技術


原則 :、液体供給は、ぺリスタティックポンプを用い、45,000~60,000回転/分の超高速スピードで回転するディスクの下部へ供給されます。

Disque diffuseur Phileas
空中除菌Phileasシステムの拡散ディスクの3D画像

結果として拡散ヘッドの遠心力から開放された霧はファンにて噴出されます。このプロセスと設備は、製品をもとにした過酸化水素の噴霧と相性がよいです。

利点


  • 簡単なコンセプト
  • ノズルやコンプレッサー不要
  • 5-10µmの間の正確な液滴
  • 接床率
  • 省エネルギー

優位性


  • ノズルの妨害物リスクなし
  • 低騒音
  • 振動なし
  • 噴霧消毒液の正確な量コントロール
  • 電池稼動式(小さなモデルは自立運転します)
  • 再現性のある効力
  • 低メンテナンス

設備/化学製品結合システム


利用できるプロセスの研究と、用いることのできる配合が、除菌効率は選択されたプロセスに影響されると示しています。

空中噴霧除菌用の除菌剤のメーカーは彼らの成分の有効性を立証します。そのためプロセス/除菌剤のコンビネーションを推奨します。

過酸化水素をベースとした除菌剤は、非常に細かい液滴(例えば5-10µm)で噴霧されるとき、より優れた効力を持ちます。これはまた、活性内容成分の削減を可能にしつつ、望まれる効果を保持します。

どの基準がこの消毒形態を管理しますか?


AFNOR NF -T 72 281 version 2009 Normは空中消毒の方法によって、殺菌、殺菌性、殺胞子消毒用の検証方法を詳細化します。

この検証は30-150m3の場所で実施しなければなりません。このテスト方法はステンレススチール材の上で微生物を培養した標準のBiological Indicator を利用し、テストスペースの容積の大きさによりますが、各テスト材は3から4.20mの距離で、設備から1mの高さにおきます。

接触時間は、12時間以下であれば使用者の決定に任されます。この接触時間はテスト結果の一部として報告されます。

微生物の集合体の中での減少率は、テストを通過することに達成した

  • 殺真菌消毒用の5対数 死亡率99,999%)
  • 殺菌消毒用の4対数 (死亡率99,99%)
  • 殺胞子消毒用の3対数 (非活性化99,9%)
  • DEVEA : Airbone disinfection by spinning disc technology
  • H2O2 diffusion
  • DEVEA Phileas can be use in smalls and larges areas